教育訓練給付金と割引制度

教育訓練給付金とは?

厚生労働省が実施している「教育訓練給付金制度」は、社会人が医療事務の資格を取ろうとしたときに利用できる制度です。この制度は、金銭的なサポートをしてくれるもので、雇用期間が1年以上で給付を受けたことがない場合、同省が指定した講座を受講することで、費用の20%が返金されるというものなんです。上限は10万円と決まっていますが、働きながら資格を取りたい方には助かる制度ですね。ちなみにこの支給が2回目になる場合は、雇用保険が3年以上の方に限定されるので注意しましょう。もうひとつ注意点としては、すべての講座ではなく、指定講座に限られるというところ。厚生労働省のホームページでチェックできますので、事前の確認が重要です。この制度を賢く利用して、資格取得を目指しましょう!

割引制度のある医療事務講座

医療事務の資格を取りたいときに金銭面でのサポートをしてくれるのは「教育訓練給付制度」だけではありません。ヒューマンアカデミーのように、独自の割引制度を導入している医療事務講座もあるんです。この割引制度は、すべての修了生に対し、学費の20%を返金するというもの。しかも「教育訓練給付制度」と異なり、制度利用に際しての制限がないのが魅力です。条件としては、学習を開始したときから、講座の標準学習期間中にすべての添削課題を提出し、それが一定基準の成績を収めていることです。この講座を利用すれば「教育訓練給付制度」の制限に当てはまった方でも、金銭的な負担を減らして資格を取ることができるというわけです。

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!