医療事務に関するQ&A

Q:医療事務の資格を独学で取るのは難しいでしょうか?

医療事務の資格を独学で取得することは、一言でいえば可能です。しかし、独学で勉強をするということは、自分でカリキュラムを組んだり、合格までの道筋を考えなければならないということを意味しています。学習のペース配分も自分でコントロールするとなると、なかなか難しいと言わざるを得ないでしょう。質問できる場がなかなかないというのも、問題点のひとつです。専門学校に行ったり、通信講座を受講することで、そのような問題は解決できることが多いため、そちらをおすすめします。また、資格受験が初めてという方には、受験手続などもストレスになるもの。このあたりも、スクールが代行してくれる場合が多いので、やはり独学は避けるべきかと思います。

Q:医療事務の資格はどのくらいありますか?

医療事務の資格は、現在35種類存在します。その種類は様々で、医療事務の基礎的な部分の知識を試される資格や、医療現場のコンピュータの知識を問う専門性の高い資格もあります。「診療報酬請求事務能力認定試験」は、最難関の試験といわれており、知名度も高い資格なので目標にするといいでしょう。また。「調剤事務管理士技能認定試験」は、調剤報酬に関する知識が必要な試験なので、調剤に関係する就職を目指す方はとっておきたい資格です。これらは受験資格が特に必要ありませんが、「医療秘書技能認定試験」のように、条件を満たしていなければ試験を受けることのできない資格もあるので、受けたい資格についての受験資格をおさえておくとよいでしょう。

Q:医療事務の給料の平均をおしえてください

医療事務には様々な職種があり、また雇用形態によっても給料は異なります。平均でいうなら、正社員の医療事務で15~19万円程度、派遣社員の場合、時給1000~1500円、パートだと時給800~1200円ほどだといわれています。もちろん、地域や職場によっても左右されることなので、事前のリサーチが必要です。では、職種ごとの平均給料をみてみると、病院の正社員・派遣社員で約17万円、介護医務所の正職員・派遣社員で約17万円、歯科医院の派遣社員・パートで時給1000円、総合病院・クリニックのパートで時給850~1000円、調剤薬局のパートで時給1000円となっています。当然、自身がキャリアアップすれば給料は上がるでしょう。勤務先が決まっても勉強を続ける必要があります。

Q:医学知識が全くなくても資格取得できますか?

実は、医療事務資格を取ろうとしている人の中で、医学知識が全くないという方は少なくありません。実際、専門学校や通信講座が開講している医療事務講座は、医学を全く学んだことのない医学未経験者に向けた講座であることが非常に多いんです。そのため、試験をパスして資格を取得し、現在現場で働いている方の中にも、医療事務資格を勉強するまで医学は未経験だったという人がたくさんいらっしゃいます。医療事務資格は、その高い専門性と資格の多さ、学習のモチベーションの問題などから、独学で資格を取得するのがなかなか難しいということもあり、大多数の人は、自分が取得したい資格の講座を利用することが多いようです。知識が未経験の方も、資格取得に向けて知識を増やしていきましょう!

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!