一般事務と大差ない給与

医療事務は病院勤務ということで、給料について高く見られるイメージがありますが実際は一般企業の事務とほとんど大差ないと考えていいでしょう。
医師はその専門性ゆえに高い給与が期待できますし、看護師も夜勤があり特殊な資格を持つ職業であるために一般事務よりは高給な職業ですが医療事務はそうではありません。

病院で務めるといっても、看護師ほどの給料は望めないと考えてください。
ただ、大学病院や市立の総合病院などでは一部上場企業並みの待遇や給料で採用されることもあります。

地域や病院によって経済状況も違っていますから、同じ仕事をしていてもある程度給料の差が出てくるのは仕方がないでしょう。
正社員の初任給では月給20万円弱が目安ではないでしょうか。

資格などで給与アップもあり

医療事務の方でも経験を積み、スキルや資格をとっていけば給料がアップすることも望めます。
実務経験によっては転職でキャリアアップができる場合もあります。

医療事務の資格は一生継続して有効な資格ですから、一度就職した後にまじめに業務に取り組み、経験を積んでいけば十分一人の職業人、社会人としてキャリアアップができるでしょう。
派遣社員から正社員へといったキャリアアップもできますので、若いうちに医療事務資格をとり就職することができれば大きなチャンスが広がります。

高年齢の方でも働くチャンスが広がる一方、若い方にとっては将来のキャリアプランが見えるのが医療事務という資格・職業であり人気の理由ともなっていることがわかります。

大病院の役職なら高給与も

医療事務の方であっても、大病院で主任のような役職を得ることができれば一般のサラリーマン以上の高給取りとなることもあり得ます。
公立の病院に勤務する場合は公務員という立場も得られますので、そういった職場で役職を得ることができれば一般的な会社員よりもよい立場で仕事ができるということにもなるでしょう。

もちろん、医療事務資格を取得してすぐそういった職場で勤務できるようになるとは限りません。
新規学卒の若いうちにチャンスをつかみとるか、キャリアアップをして転職で理想的な職場を見つけるかしなければ医療事務で高い報酬をもらうことは難しいでしょう。

これは医療事務に限らずどのような職業でも共通で、特に医療事務特有の現象とは言えないかもしれません。

関連記事

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!