民間資格ですが就職に有利

医療事務の資格は公的認定資格ではなく民間資格であり、病院で事務職として働くのに必ずしも必要というわけではありません。
しかし医療事務の資格を持っていれば病院への就職においてかなり有利であり、特に中途採用においては必須と言えるレベルに達しています。
一方で資格取得は1年に12回と非常に多くのチャンスがあり、学習をしっかり行い余念のない準備ができれば時間がかかっても確実に取得できるというところも魅力的な資格です。

ただし合格率は決して高いわけではなく、人によっては何回も受験してようやく合格という方もいらっしゃいます。
しかし一回受験するごとに試験の雰囲気や要領がつかめより合格しやすくなりますので、諦めなくても大丈夫です。

資格保持期間がなく一生ものの資格

医療事務の資格は資格保持期間がなく、運転免許のように更新する必要がなく一度取得すれば一生通用する資格であるというメリットもあります。
昔に資格を取得したからといって就職の際に不利が生じることもありませんので、取得するメリットは非常に大きいと言えます。
一度取得すればずっと資格保持ができ、なおかつこれだけ就職が有利になる資格は医療事務以外には多くありません。

女性にとっても非常に就職に役立つ資格ですし、年齢を問わず活躍するチャンスがあるというのも長所です。
資格取得はそれなりに苦労が伴いますが、苦労して取得するだけの価値は十分にあると言えるでしょう。スクールなどに費用を投じてでも取得を検討する価値ありです。

求人が絶えない職種であること

医療事務は常に求人が募集されている職種であり、一年中就職・転職のチャンスがあるというところも魅力的です。
病院で欠員が発生するタイミングはバラバラですが、時には非常に待遇のよい大病院から求人募集がかかることもあります。
そういった求人を発見した時は、非常に大きなチャンスと言えます。

また、全国47都道府県どこであっても就職チャンスにあまり大きな差がないというのも大きな魅力です。
やはり東京のような大都市ほど多くの求人が出される傾向にありますが、地方都市などでも医療事務の募集は常時出されています。
ある程度経験を積んだ熟練者の方がコンサルティング会社などを通せば、非常によい条件で入社できる可能性もありますよ。

関連記事

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!