レセプト作成能力の高さは必須

医療事務として仕事をするにあたり、最も期待されるスキルはレセプト作成能力でしょう。
改定される診療報酬にしたがってしっかりレセプトを作成し、ミスなく仕事をする能力が求められます。このスキルがなければ医療事務ではなく単なる受付要員と化してしまうと言っても過言ではありませんから、資格取得の学習をする段階からしっかり勉強をしておく必要があります。

医療事務養成スクールでは実践的なレセプト作成の授業を行っているところも多いので、そういったところで学ぶことができれば実践に入ってからもすんなりと実務に入っていけるはずです。
他、カルテ管理などを含めて集中力が求められ慎重さを要する作業が多いのが医療事務の特徴と言えるでしょう。

PCスキルが求められる場面も

最近の病院ではカルテ作成・管理もレセプト作成もコンピュータで行うのが一般的です。
そのほかの資料作成などもパソコンで作るのが当たり前の時代ですから、最低限パソコンについては触れるようになっておかなくてはなりません。
キーボードを使っての文字や数字入力は、学習段階からある程度できるようになっておくことが必要です。

今はほとんどの方がパソコンを苦にしていませんが、少し苦手意識を感じる方がいらっしゃればスクールの授業でパソコンを使った事務作業に慣れておくといいでしょう。
スクールによっては自習室のようなスペースで医療事務の作業を経験できるコンピュータを用意しているところもあるので、そういったところでもスキルアップが図れます。

接客経験・マナーがあればなお良し

医療事務は患者さんとの接客も業務のうちに入りますから、可能であればアルバイトであっても接客経験があれば望ましいでしょう。
ビジネスマナー講座・セミナーなどで接客に関する基本を学んでおくという手もあります。

病院も一企業と同じく働く人が集まる組織ですから、同僚や上司という人たちとの人間関係も存在します。
そういった方々とのコミュニケーションを円滑に進めるためにも、コミュニケーション能力はしっかり磨いておきましょう。

逆にコミュニケーション能力があれば仕事の最初に戸惑うことがあっても周囲からサポートを受けて成長していくことが可能になりますし、周囲も最初どうしても発生してしまうであろうミスに対して寛容になります。

関連記事

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!