いろんな働き方が可能です

医療事務の方と一口に言っても、正社員・派遣社員・契約社員・パートとその待遇や働き方は差があります。
正社員待遇を目指して派遣社員からキャリアアップを目指して働いている方もたくさんいらっしゃいますが、一方で家事との両立を図るためにパートの働き方を選んでいる方も少なくありません。
いろいろな働き方を選べるのも医療事務の魅力の1つであり、幅広い年代の方に資格取得されている理由ともなっています。

病院によっては正社員を公開募集していないところもあります。
提携しているスクールやコンサルティング企業を通してしか正社員募集をしていないこともありますので、就職活動にはハローワークだけでなくいろんな機会をとらえる必要があります。

医療事務としての苦労もあります

一般事務同様、決して待遇が悪く働きにくい職場とはなりにくい医療事務ですが医療事務ならではの苦労を感じる可能性もあります。
医師・看護師がイニシアチブをとることが多い病院という職場の特性上、医療事務の方は基本的に「下働き」という立場となります。そのために人間関係などで苦労することもあり、人によってはストレスを感じることも多いようです。

また、患者さんに対する接客で苦労を感じる方も決して少なくありません。
どの職場でも共通ですが、やはり人間関係のよい職場に入ることができなければいくら給与や休日などの待遇がよくても仕事に対して不満を持つことはあるでしょう。
就職前にしっかり職場について吟味する姿勢が大切です。

休日などの待遇は悪くありません

医療事務は病院勤務になりますから、基本的に休日はカレンダー通りになります。
緊急医療機関として土日も仕事が発生する場合もありますが、毎回土日に出勤しなければいけないという職場はほとんどないでしょう。

勤務時間についても医師や看護師と違って緊急招集がかかるような可能性はなく、勤務時間が不安定になる可能性は少ない職業です。
そういった意味では働きやすい職場であり、悪くない待遇と言えるのではないかと思います。

また病院によりますが医療機関の福利厚生は他業種と比べて優遇されている場合が多く、いろいろな点でメリットを感じる場合もあるでしょう。
給与はそれほど高くない医療事務ですが、職場自体には居心地の良さを感じる方が多くいらっしゃいます。

関連記事

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!