受付・呼び出しなどは基本です

医療事務は「事務」という言葉がついていますが、病院が開いている時間については受付において患者さんの応対をすることが普通です。
医療事務の方が受付・呼び出しに協力しなければ病院は運営できません。

病気やけがの症状についてまで詳しく回答できるようにとは言いませんが、勤めている病院についても質問されることは多いでしょうからしっかり病院内のことを把握しておく必要があります。
また、病院にもよりますが多くの病院では小さなお子さんやお年寄りの方を多数相手にすることになります。
そういった方の要望にしっかり応えられるようになるには、テキストの講座だけではなくある程度実際に病院で勤務して経験を積んでいくことが必要になるでしょう。

カルテの管理なども行います

医療事務の方が行う非常に重要な仕事として、カルテの管理があります。各病院においてカルテは一番大切な機密情報・個人情報にあたりますから紛失やデータの漏洩などは許されず、シンプルな作業ではありますが慎重に行うべき責任の重い仕事となります。
また、最近は電子カルテが採用されていることも多くオンラインネットワークでカルテを管理することも多いです。コンピュータへの保険証情報入力の作業なども必要となり、これも1つ間違えるだけで大きな問題となってしまいますから注意が必要です。
ある程度電子カルテなどの設備が整っている病院で働く時には、最低限のPCスキル(入力など)が必要となりますのでパソコンにはある程度慣れておきましょう。

レセプト作成は必須

医療事務の花形、メインの仕事と呼べる作業がレセプトの作成となります。
レセプトとは保険証で患者負担2~3割となるところ、残り国が負担してくれる分を請求するために必要な資料です。
これがなければ国から病院が受け取るべき正当な報酬がもらえないことになりますので、非常に大切な仕事であり病院運営に欠かせない業務です。

具体的には現代はほとんどコンピュータでの作業となりますので、こちらもカルテ管理同様にPCを触る作業が中心と言えるでしょう。
医師が患者に対して行った診察や投薬などをPCを通して記入していく作業になりますので、医師や看護婦とのコミュニケーションやある程度病院が行っている診療についての基礎知識も重要です。

関連記事

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!