医師も看護婦も転職する方が多い

最近の病院では、医療事務以外の医療スタッフ、病院の根幹をなす医師や看護婦も転職するのが当たり前の時代です。
病院自体を移ることもありますし、医師が開業する場合もあり一つの病院に最後までとどまる医師のほうが少ないと言ってもいいかもしれません。

看護師も結婚や出産などに伴って、あるいはキャリアアップのために転職することは決して少なくありません。
ですから、医療事務になることができればずっと職場を移ることなく定年まで安泰ということは言い切れません。
逆に考えると、医療事務の方もキャリアアップでさらに高い給料を得る、よい待遇で仕事ができるというチャンスもあるということで、前向きにとらえるべき事柄ではないかと思います。

医療従事者専門の就職サイトも

医療関係者の就職・転職も現在はコンサルタントの方がインターネットの就職・転職サイトを通して求人紹介を行うようになってきました。
インターネットを検索すれば、医療従事者専門のサイトがいくつも見つかるのに気づかれると思います。

医療従事者も日々忙しく仕事をしていますので、コンサルタントの方が情報収集にあたり、希望の求人を紹介して転職するのが当たり前です。
また、医療機関の求人情報は求人情報誌やハローワークの求人で検索できるものではなく、コンサルタントの方が顧客である医師や看護師に紹介するものです。

就職紹介はもちろん、給与や待遇などについて医療機関と打ち合わせ、条件交渉をしたりすることもコンサルタントの方の役割です。

医療事務のキャリアアップについて

医療事務の方も、病院内でキャリアアップしていく可能性は十分あります。
病院内で管理職として部下をまとめる立場になることもあるでしょう。

管理職として部下の統率にあたった経験は他の医療機関、企業でも重宝されるので年齢が上昇しても転職してキャリアアップすることが考えられます。
就職コンサルタントの方から転職を紹介されることもあるでしょうし、ヘッドハンティングされるということも十分にあります。
医療事務としてキャリアアップをするには、やはり勤めている病院内で評価をあげ、信頼に足る仕事をするのが第一になるでしょう。
ただ、欠員が生じないとなかなか医療事務の求人は募集されないので気長に転職活動に臨む必要があります。

関連記事

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!