医療事務の資格取得費用の相場

入院レセが出題範囲に含まれること

医療事務の資格取得を目指す講座の中で最も一般的な物が「通学講座」です。直接講師に質問ができる等の理由から、この様な通学式の講座を選択される方は多い様です。

医療事務の資格取得を目指す通学式の講座は数多くの会社が行っており、それぞれで受講料も期間も異なります。受講料の平均はおよそ63,000円程度となっており、下限は45,000円程度、上限は95,000円程度となっています。これらの金額のばらつきは受講期間によるものが多く、例えば短期間で集中的に講義を行う講座等の場合、通常の講座に比べて料金が高くなると言った傾向もあります。また、会社によっては、合格後の就職活動のサポート等を行う事により他社との違いを明確にしている場合もあり、その様なサービスを含んだ講座を選択した場合、費用は更に割高になります。

接遇や受付などが出題範囲に含まれていること

一方で、自宅にいながら資格取得へ向けた勉強ができる通信講座は、自分のペースで勉強を進められると言った理由から、仕事と並行して勉強をしたいと言う方が多く選択されているようです。続いては、この様な通信講座を選択した場合にかかる費用について解説していきます。

通信講座の場合、通学講座に比べるとその数は若干少なく、選択肢は少ないです。相場の平均は通学講座とほぼ同等の60,000円程度となっており、下限は50,000円、上限は70,000円程度となっています。通信講座の特徴としては、受講期間が6か月程度取られた余裕のある物が多く、3か月程度の短期間ですべての講義を行う通学講座特有の短期講座は極めて少ないと言えます。期間がほぼ決まっている為、費用にも大きなばらつきが無い点が、通信講座の特徴と言えるかもしれません。また、費用は医科コースと歯科コースのどちらを選ぶかによっても変わってきます。

資格の知名度が高いこと

ここでは医療事務関連の資格を取得するための講座を受けるために必要な費用を「通学講座」と「通信講座」の二つに分けて、その傾向を比較してみました。医療事務関連の資格取得を目指す講座は各社が行っていますが、受講期間等によって受講料も大きく異なります。自分に合った条件等を考慮して選んでみてはいかがでしょうか。

受講する講座を選ぶ際には、どうしても受講料だけを比較してしまいがちですが、上述した様に、最近は資格取得を目指す様々な講座を行う会社が数多く存在する事から、それぞれが独自の特徴を明確にすることで他社との差別化を図っている為、合格後の事も考慮した充実したサポート体制が付加されていると言う点だけでなく、講座の特徴や口コミ等も考慮する必要があると言えるでしょう。また、医科コースや歯科コース等、細かなコース分けを行っている会社も存在する事から、合格後の事も見据えた自身の目的を明確にし、それに適したコースを選択すると良いでしょう。

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!