医療事務の主な仕事内容

一度資格を取得すれば、ずっと働くことのできる医療事務の仕事。実際にどんな仕事があるのかここで詳しく解説していきます。あなたに合った仕事を見つけましょう。

受付/窓口業務
病院・歯科医院などの医療機関で患者さんと接する、いわゆる「病院の顔」です。
予約時間や診療時間の管理を行い、患者さんの待ち時間をできるだけ短縮してスムーズに診療を行えるよう心がけなければなりません。電話での明るい対応も求められます。
電子カルテオペレータ業務
診察時に医師が記入するカルテをコンピュータに入力する業務です。
患者さんの氏名や住所・連絡先、診療歴や病状の経過、薬剤の処方など、いずれも患者さんの大切な情報ですので決してミスは許されません。電子カルテの記入ミスは医療事故につながりますので、神経を使う仕事です。
会計業務
医師や看護師によって書きこまれた会計カードをもとに患者さんの医療費を計算し、必要に応じて処方箋を発行します。
会計の際に使われる「診療報酬点数表」という資料は約2年おきに更新されるため、常に新しい情報を把握しておかなければなりません。医療の仕事での会計業務は専門的な知識を必要とするため勉強が必要です。
診療報酬請求業務(レセプト業務)
毎月10日に前月1ヶ月分の診療内容をまとめる業務です。患者さん一人分を一枚の診療報酬明細書(レセプト)にまとめ、審査支払機関に提出します。
審査に通れば各保険機関から診療報酬が支払われます。
カルテ管理業務
初診の患者さんが来た場合には受付で新しいカルテを作成します。
再診の患者さんが来院した場合は、カルテ棚から患者さんのカルテを出します。患者さんが来院した際にはすみやかにカルテを出せるよう、日頃から管理しておかなければなりません。 診察時には患者さん本人のカルテを医師に渡し、診察が終わればカルテの回収をい、カルテを見ながらその日の会計を計算します。
病棟クラーク(事務)業務
主に大病院のナースステーションでの事務的な業務です。
医師や看護師が医療事務に専念できるよう、医師や看護師の事務的な業務を代わりに行い、病院でのスムーズな連携をサポートする仕事です。
具体的には入院してきた患者さんや退院する患者さんの受付業務、面会者の案内、電話応対など幅広い業務内容があります。

資格取得後の就業・就職について

医療事務の資格取得後は、学校の紹介や各種求人情報サービス、エージェントを使っての就職活動が可能です。
必要に応じて業界専門コンサルタントによるアドバイスを受けることもできます。

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!