就職に有利な資格選びのポイント

入院レセが出題範囲に含まれること

レセプトとは診療報酬明細書のことです。そして「入院レセ」とは、入院のレセプトのこと。レセプトには、「入院外レセ」と「入院レセ」がありますが、算定ルールが異なる部分もあります。そのため、就職先を探す際に入院レセの知識があることで、就職先の選択肢を広げることができるのです。また、資格として最も価値があるとされる「診療報酬請求事務能力認定試験」の実技試験にも入院レセの問題が出題され、その問題のボリュームとレベルの高さでは、入院レセが最も難易度が高いといわれています。将来この試験に挑むときのためにも、入院レセが出題範囲に含まれている資格を取り、早い段階で知識を深めておいたほうがいいでしょう。

接遇や受付などが出題範囲に含まれていること

接遇や受付などが出題範囲に含まれている資格を取ったほうがいいという理由は、医療事務従事者にとって、近年ではコミュニケーション能力も重要視されているためです。医療事務の仕事といえば、レセプト(診療報酬明細書)と思われがちですが、レセプトだけ作成していればいいというわけではもちろんないのです。医療事務にとっての接遇とは、患者さんといかにコミュニケーションをとって接することができるかということです。また、医療現場での受付の業務も増えてきています。接遇や受付が出題範囲に含まれていることで、その分野を選んで学習して身に着け、医療事務としての総合力をあげることができるのです。

資格の知名度が高いこと

資格の知名度が低ければ、アピールにはなりません。そのため、資格の知名度が高いことは重要な指標となります。また、自分が応募する医療機関がその資格を認識している可能性が高いもの、ということも大事です。そのために、まずは資格の受験者数を比較してみましょう。このとき、受験者数が多いことはもちろん、受験者数を公表している資格がおすすめです。公表していないのは、受験者数が少ないと考えることができるためです。次に、自分が働きたい地域で知名度の高い資格があるかどうかをチェックします。これは、働きたい地域で求人を多く出している派遣会社から類推できます。そこが提携している専門学校で学ぶことができる資格が、その地域で知名度の高い資格といえます。

今すぐあなたにピッタリな医療事務講座を診断!